mudwerks:

Fantastic Novels Magazine / Illustration 3 (by micky the pixel)

The deadly red cloud billowed slowly toward here…

(Reblogged from venusmilk)
(Reblogged from aubreylstallard)
畑「首筋をガッてやられたんです。」
鶴瓶「でもライオンは噛み切らなかったんですね?」
畑「それはね、噛まれたときに、ウッてなると入りますけど、噛まれたときに、あぁよく噛んだねーとこうなるから外すんです。
いかに外させるかとゆうのがね、僕のコツなんです」
鶴瓶「…難かしいですね、先に恐怖感が立ちますからね」
畑「そうですねーまず恐怖感を先に取っていただいて、それで、あの、肉片になってもいいよ、という気持ちが大切かなあ」

スタッフ苦笑、客は引いている

畑「そんときはねえ、圧力がかかったんでしょうねえ、舌が飛び出しましてねえ、ほらこの歯、一本違うでしょう。」
鶴瓶、南原「はいはい」
畑「ライオンの圧力でポーンと飛んだんですよ。
拾ってねえ、接着剤でくっつけてねえ、まだついてるんですけど、
これねえ、歯医者行ってちゃんとしようと思うんだけど、あの時の、瞬間の、あの圧力を覚えてたいと思うから、まだ歯医者行ってないんですよ」
(Reblogged from kikuzu)

art-of-swords:

Vajra Flaying Knife

  • Dated: circa 15th century
  • Culture: Tibetan
  • Medium: steel inlaid with gold and silver
  • Measurements: L. 22 11/16 in. (57.7 cm); W. 3 1/4 in. (8.3 cm)

This flaying knife (Tibetan: triguk; Sanskrit: kartrika) is styled in the Indian manner—with a long, hooked steel blade for both butchering and flaying. A vajra, symbol par excellence of Tibetan Vajrayana Buddhism, forms the handle.

The lower “thunderbolt” emblem metamorphoses into a wide-jawed sea monster (makara), from which issues the blade, finely damascened with gold and silver and displaying an interlacing floral design.

Workshops in the region of Derge, Kham Province, in eastern Tibet, excelled in such fine metalworking techniques, providing the probable source for this knife.

Source: Copyright © 2014 The Metropolitan Museum of Art

(Reblogged from virtual-artifacts)
(Reblogged from wowgreat)
(Reblogged from wowgreat)

ufansius:

Crooked Guitar - cantstopgoodboy

(Reblogged from ufansius)
 文学部心理学専攻の北岡明佳教授(知覚心理学)は、“人間の青く見える静脈は実は灰色で、錯視によって青色に見えている”ことを発見しました。

 人間の視覚には、物理的には同じ色が周囲の色との対比によって、異なる色に錯覚して見えるという現象があります。今回、錯視研究の第一人者である北岡教授は、灰色と肌色が混在した絵をインターネットで見ている際に、灰色が青色に見えることに気付き、「人間の静脈も同じ原理で青色に見えているのでは」と検証を行いました。腕や脚を写真で撮影して画像処理ソフトで検証したところ、R(赤)G(緑)B(青)の数値は、黄色がかった灰色の値を示しました。結果、人間の静脈は、周囲の肌の色と、静脈の部分の灰色の色の対比により、目の錯覚や脳での信号の処理が複合的に生じ、青色と認識してしまうことが分かりました。
(Reblogged from kikuzu)

(Source: gazpachyolo)

(Reblogged from abstrackafricana)
2000-lightyearsfromhome:

The photographer Martine Franck. Ivry sur Seine. Old people’s home. 1975.

2000-lightyearsfromhome:

The photographer Martine Franck. Ivry sur Seine. Old people’s home. 1975.

(Reblogged from aurorae)